青汁ダイエットが良い理由とは?

青汁ダイエットの魅力はコレ

酵素ドリンクやグリーンスムージー、置き換えフードなど、たくさんのダイエット食品があるのに、なんで青汁が良いの?その理由やメリットを紹介したいと思います。

青汁がダイエットに適している理由

  • 糖質が少ない
  • 低カロリー
  • 栄養バランスが良い
  • 食物繊維が豊富

青汁は、糖分が少なく低カロリー。それでいて、栄養バランスは抜群です。効率良く痩せるために必要な、ビタミンやミネラル。満腹感を得られ、便秘も改善できる食物繊維も豊富。だから、青汁はダイエットのサポートに最適なんです。

しかも、それだけではありません。

青汁で得られるダイエット以外の効果

  • 便秘解消
  • むくみ解消
  • 美肌
  • アンチエイジング

青汁に含まれるビタミンやミネラル、抗酸化成分、食物繊維は、美容や健康にとっても欠かせないものばかり。ダイエットのサポートだけでなく、アンチエイジングや肌トラブルの解消にも役立ちます。

ダイエット中に青汁を摂ることで…

  • 健康的に痩せられる
  • 「栄養不足にならないのでリバウンドリスクを減らせる」
  • ぽっこりお腹やむくみの解消による「サイズダウン」
  • 栄養が満たされることによる「美容効果」

サントリー極の青汁

野菜のチカラを引き出すポリフェノールで吸収力アップ!

国産の大麦若葉と明日葉を主原料にした青汁です。抹茶と煎茶をブレンドして配合しているので、お茶風味で凄く飲みやすいのが魅力です。

また、極の青汁ならではの成分が「ケルセチンプラス」。これは、野菜が持っているポリフェノールの一種なのですが、サントリーの独自の開発によって吸収力を120倍に高めているのが、特徴です。

野菜の栄養をしっかり身体に摂り込めるので、青汁のメリットを最大限に活かすことが出来ます。

通常価格 定期価格 1杯あたり
3,600円 3,240円 約108円~
主要成分
大麦若葉、明日葉、ケルセチンプラス、抹茶、煎茶

今なら10%増量!シェイカー付き!

えがおの青汁満菜

コスパ抜群!原料の種類が豊富で高品質!

主原料は国産(九州)の大麦若葉。そこに、沖縄の伝統野菜「長命草」と有機原料10種類を加えたのが、青汁満菜です。原料の種類が豊富なので、様々な栄養を幅広く摂れるのが魅力。

また、微粉砕加工が施されているから、粉っぽさがなく、滑らかな飲み心地です。粉末青汁が苦手な人でも、抵抗なく飲めるのも人気の理由です。

高品質な原料を使い、味にこだわっていながらも、青汁満菜は1杯あたり約84円~と、コストパフォーマンスも抜群です。

通常価格 定期価格 1杯あたり
3,000円 2,580円 約84円~
主要成分
大麦若葉、長命草、緑茶、桑葉、抹茶、モロヘイヤ、ゴーヤ、ケール、はと麦若葉、キダチアロエ、ゴマ若葉、明日葉

神仙桑抹茶ゴールド

ダイエットに効果のある桑の葉を使用

主原料に桑の葉を使用。創業70年を誇る老舗のお茶屋さんが作っている青汁です。桑の葉には、デオキシノジリマイシン(DNJ)という、糖の吸収を阻害し、脂肪の蓄積を防ぐ成分が含有しているので、ダイエットにはピッタリ!

また、緑茶をブレンドしているので、抹茶のような味に仕上がっているのが特徴です。若干、粉っぽかったり、溶けにくかったりするあたりが、神仙桑抹茶ゴールドのマイナス点。

しかし、ダイエットに効果のある、桑の葉を主原料にした青汁が少ないため、悪いところを差し引いても飲む価値のある青汁です。

通常価格 定期価格 1杯あたり
5,700円 5,415円 約91円~
主要成分
桑の葉、シモン、緑茶

世田谷自然食品「乳酸菌が入った青汁」

食物繊維+乳酸菌が腸に効く!

主原料は国産(島根県)の大麦若葉。そこに、食物繊維が豊富なクマザサと、植物性の乳酸菌を配合している青汁です。食物繊維と乳酸菌と、腸に良い成分を豊富に含んでいるため、便秘がちな人は要注目です。

粉末抹茶で味の調整をしているので、飲みやすさも問題なし。乳酸菌に魅力を感じる人はチェックしてみましょう。

通常価格 定期価格 1杯あたり
3,430円 3,290円 約110円
主要成分
大麦若葉、植物性乳酸菌(ラクトバチルス・カゼイ)、クマザサ、抹茶

ステラの贅沢青汁

味が苦手な人のためのサプリタイプ

青汁をそのままサプリメントにした、ちょっと珍しい商品です。普通の青汁が飲める人は、わざわざ粒タイプにする必要ないと思います。どうしても、あの独特の味が苦手だ。っていう人はこちらを検討してみましょう。

サプリを固めるための添加物(賦形剤)不使用。粒タイプのため、味を調整する必要がないので、原料や成分は本格的です。

良くも悪くも青汁っぽさはないですが、中身はしっかりとしたものです。

初回価格 定期価格 1回あたり
980円~ 2,846円 約95円
主要成分
クロレラ、ケール、長命草

朝食を青汁だけにする、朝食置き換えダイエット。辛くないうえ、続ければ確実に効果を感じられる青汁ダイエット定番の方法です。

青汁を豆乳やヨーグルトに混ぜたりするのもGood!青汁では補えないタンパク質を摂れるので、相性抜群の組み合わせです。

昼食、夕食前に青汁を飲むだけ。
食事はいつも通りでOKです。

青汁は食物繊維が豊富なので、満腹感を得られます。食べる前に飲むことで、いつもよりも少ない食事で済むようになります。また、血糖値が上がりづらくなるので、脂肪の蓄積を防ぐことにもつながります。

急激に痩せることはないので、リバウンドしづらいというメリットもあります。

パターンAよりもさらに楽なダイエット方法ですが、欠点が2つ。

1つは痩せ方が緩やかなため、最低1ヶ月~3ヶ月は行わないと痩せたという実感が得られないということ。物凄く食事量が多い場合は、全く効果を得られない場合もあります。

もう1つは、1日2杯の青汁が必要なこと。1日1杯よりもコストがかかってしまいます。


パターンABともに言えることですが、青汁を飲んだからといって、食べる量が変わらなければ、大きく痩せることは出来ません。

青汁で栄養サポートをしつつ、摂取カロリーを抑える努力と適度な運動をする。それでこそ青汁の栄養成分を最大限活かすことができるのです。

糖質が少ない

酵素ドリンクや市販のグリーンスムージーって甘いですよね。この甘さは、当然ながら糖質です。太ってしまうのは、脂質よりも糖の摂り過ぎが主な原因と言われています。糖質制限ダイエットが注目されているように、糖質はダイエットにとって天敵です。

そんな糖質の量が、酵素ドリンクやスムージーに比べて、青汁は格段に少ないのがメリットの1つ。糖分ゼロ。もしくは最小限で、必要な栄養を補給することが出来ます。

カロリーゼロの人工甘味料

甘いって言っても、カロリーゼロの甘味料なら大丈夫でしょ?って思うかもしれません。しかし、最近の研究では、人工甘味料はカロリーゼロなのに、肥満や糖尿病の原因となると言われています。

原材料表を見て、アスパルテームやアセスルファムK、スクラロースと書かれていたら人工甘味料なので、要注意です。

青汁がダメなら野菜ジュース

野菜ジュースといっても野菜100%のものであれば、ダイエット中の置き換えに利用できます。ニンジンやトマトが入るので、青汁に比べて糖質は多少増えますが、栄養は十分摂ることが出来ます。

野菜ジュースおすすめランキングへ

低カロリー

青汁は糖質が少ないことからも、物凄く低カロリーです。商品にもよりますが、コップ1杯で20キロカロリー前後。ダイエットはカロリーを減らすのが大原則なので、これも青汁のメリットの1つです。

栄養バランスが抜群に良い!

青汁の主原料のケールや大麦若葉は、栄養の宝庫。

合成のビタミンやミネラルが添加されているダイエット食品が多いなか、青汁は野菜に含まれる栄養の全てを、自然な形のまま摂取できるのが魅力です。

リバウンドしづらくなる

ダイエット中、しっかり栄養を摂ることは、リバウンドの防止につながります。青汁は、栄養バランスが良いうえに低カロリーなので、痩せやすくリバウンドもしづらいのです。

食物繊維が豊富

青汁は野菜をそのまま粉砕しているので、食物繊維をそのまま摂ることが出来ます。その点、酵素ドリンクに食物繊維は含まれていません。

  • 便秘の解消
  • 胃で膨れて満腹感を得られる
  • ゲル化して脂肪を吸着する

サイト概要

ダイエット中は食事量を制限することで、栄養が不足しやすくなります。しかし、栄養が不足した状態が長く続くと「リバウンド」のリスクが高くなります。

その点、青汁は栄養豊富な野菜を主原料にしているため、野菜由来の「ビタミン」や「ミネラル」の補給にうってつけです。

また、これらの栄養は現代の食生活において不足しやすい栄養でもあり、ダイエットを成功させたあとも継続して飲み続けることで効率よく栄養を補給することができます。

青汁にはダイエットにおいて有効な成分を多数揃えています。

ビタミンCは、脂肪燃焼に重要な役割を持つ「カルニチン」の合成において必要な栄養です。

鉄分は酸素の供給において重要な役割を持ちます。それによって代謝が促進され、痩せやすい体作りを手助けしてくれます。

カルシウムは腸からの余分なカロリーの摂取を抑えることができます。

上記以外にも青汁には数多くの成分が凝縮されており、それを効率よく摂取できるという点で優れています。

ダイエットのために青汁を飲むのであれば、食事前に飲むのが効果的だと言えます。その理由は「血糖値の急激な上昇を抑えられる」という点にあります。

通常、食事をすることでどうしても血糖値は上昇してしまいますが、炭水化物や肉類を最初に食べることで血糖値は急激に上昇してしまいます。すると「糖尿病」を発症するリスクだけでなく、ダイエットにおいても悪影響です。

上昇した血糖値は「インスリン」によって分解されますが、インスリンには「脂肪を蓄積させやすい」という特性もあり、ダイエットにおいては大きなマイナスとなります。

そのため、野菜で作られている青汁を食事前に飲むことで血糖値の上昇幅を小さくすることができます。

このページの先頭へ