青汁のデトックス効果で痩せ体質をつくる

青汁の豊富な食物繊維

青汁は、主原料である野菜に由来する食物繊維が豊富な飲料です。青汁の食物繊維は、豊富なだけでなく「手軽である」という特徴もあります。

食物繊維の摂取推奨量は、年代で異なりますがおおよそ15g~20gほどであるとされています。食物繊維の商品紹介などで利用される機会の多い「キャベツ」だと、1日あたり1kgほど食べなければ摂取できない量なのです。

実際、インゲン豆やひよこ豆などの方が食物繊維の含有量は多いのですが、100g食べても1日の推奨量には届かないのが現状です。それらの食材を毎日食べるのは大変です。

しかし、青汁なら飲めば良いだけであり、かなり手軽であると言えます。手軽であるということは、毎日続けるのが容易であるということになるのです。

クロロフィルで小腸デトックス

クロロフィルは、別名「葉緑素」とも呼ばれる、植物の緑色の原因となる色素です。この成分は、腸内の老廃物を吸着して体外への排出を促す働きがあります。

食物繊維にも同様の働きがありますが、クロロフィルは食物繊維よりも小さな分子構造をしており、より細かく効果を発揮してくれるのです。

クロロフィルは緑茶などでも摂取できますが、緑茶にはカフェインが豊富に含まれており、飲みすぎによって便秘を悪化させてしまう可能性もあります。つまり、クロロフィルはリスクなくデトックスすることができるのです。

便秘解消&老廃物排出がダイエットを成功に導く

便秘の解消と老廃物の排出は、最終的にダイエットに効果的なのです。理由はいくつか挙げられますが、最も大きいのは「代謝の促進」です。

便通を良くし、体内の不要な物質を体外に追い出すことでエネルギーの循環効率が良くなり、エネルギーの燃焼効率が上昇します。つまりは「痩せやすい体になる」ということなのです。

運動時のエネルギー消費効率が上がることで、運動によるダイエット効果をより高めることができます。

これらの栄養は野菜類から摂取しやすいです。しかし、現代の食生活においては野菜は食べにくく、上記の栄養は摂取しにくいと言えます。

そんな人は「青汁」などのように、野菜を主原料としていて野菜の栄養を豊富に含み、かつ毎日手軽に摂取できる栄養食品を取り入れることで長続きさせやすく、ダイエットにも効果を発揮してくれます。

このページの先頭へ