青汁ダイエットの効果を高める生活習慣

半身浴

半身浴は、大量に汗をかくことでデトックス効果を発揮します。その結果、血液循環と代謝が活発になります。

青汁は原料となる野菜の栄養を豊富に含んでいます。そのため、特にダイエット中の栄養補給として有用であり、それ以外の場合にも野菜不足を補うことができます。

しかし、栄養はただ摂取すればよいというわけではなく、それを吸収して全身に送り出すことが重要です。全身に栄養を送り出すのは「血液」であり、半身浴によって血流が良くなっているので青汁の栄養をくまなく全身に送り出すことができます。

また、青汁にも代謝促進の効果があり、代謝が良くなればエネルギー燃焼効率が良くなってダイエットに効果的です。半身浴によってさらに代謝を促進することができ、ダイエット効果をさらに高めることができます。

ストレッチ

ストレッチそのものには、ランニングや水泳のような運動量はなく、エネルギー消費量が少ないです。そのため、ストレッチそのものは劇的に痩せるほどの運動ではありません。

しかし、ストレッチを続けることで代謝を活性化することができます。既に述べていますが、代謝を活性化することでエネルギーの燃焼を助け、痩せやすい体になります。

青汁を飲むことでも代謝が促進されるので、より高い代謝活性効果を期待できます。

また、ダイエットにおいては運動は欠かせないものです。毎日のようにランニングや水泳を続けるのは難しいですが、ストレッチであれば家の中でも行うことができ、体への負担も少ないので続けやすいです。

乳酸菌

乳酸菌といえば、言わずと知れた「整腸作用」を持つ栄養の代名詞です。腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことで、腸内環境を改善します。

腸内環境が良くなれば、栄養の吸収がスムーズに行われるようになります。青汁は栄養豊富であるため、その吸収効率を高めることができる乳酸菌との相性が良いです。

また、青汁に豊富に含まれている食物繊維と合わせることで便秘の改善にも役立ちます。最近では、乳酸菌を配合した青汁も製造・販売されています。

炭水化物抜き(糖質制限)

糖質制限ダイエットは、主に炭水化物を多く含む食事をなくす食事制限によるダイエット法です。摂取カロリーはそのままであり、単純な食事制限に比べてそれなりの量を食べられるダイエット法として知られています。

しかし、糖質を多く含む食材としては「ごはん」「パン」「うどん」「小麦粉」といった、主食になるような食材が多く、人によっては「食べた気がしない」「腹持ちがよくない」として、長続きしないことがあります。

しかし、青汁には野菜由来の「食物繊維」が豊富に含まれており、これによって腹持ちを良くすることができます。

また、糖質制限ダイエットは短期間でやめてしまうとリバウンドの可能性が極めて高くなります。栄養豊富で続けやすい青汁と併用することで、リバウンドのリスクを可能な限り削減することができます。

このページの先頭へ