青汁のむくみ解消効果でサイズダウン

青汁に含まれるカリウムで水分代謝をアップ

カリウムの働き

青汁には「カリウム」が豊富に含まれています。カリウムには、「体内の余計な塩分を体外に排出する」という働きがあります。

実は、この働きは塩分だけでなく、体の「水分」を円滑に代謝させる効果も期待できます。

私たちの体は余計な水分を「尿」として排出します。しかし、腎臓の機能が低下したり、健康な状態でも尿を作り出す速度以上に水分を摂取してしまうと、尿での排出が間に合わなくなります。

すると、余分な水分が体に蓄積してしまいます。その際、体内に塩分が多いと余計に水分を蓄積するのです。その理由は、塩分が水分を貯め込む特性があるからです。

つまり、カリウムは塩分を排出することで水分を貯め込みにくい体に作り替えてくれるのです。

カリウムの不足

実は、通常の食生活でカリウムが不足することは珍しいのです。カリウムの推奨摂取量は2,500mg~3,000mgとされていますが、100gあたり500mg以上含まれている食品は多いです。

また、多くの食材に大なり小なりカリウムが含まれているため、普通に食事をとっていればカリウムが不足する事はありません。

しかし、夏の汗をかく時期になると汗とともにカリウムが排出され、カリウム不足に陥ることもあります。また、ダイエットのために食事制限をしている場合にもカリウムが不足する可能性が高いです。

そういった場合、意識してカリウムの多い食品を摂取する必要がありますが、カリウムが多い食品には「パセリ」「豆味噌」「よもぎ」といった、多量に食べることが難しい食品が多いです。

そのため、手軽にカリウムを摂取できる青汁で、不足分を補って水分代謝を正常に働かせることが有効なのです。

慢性的なむくみの解消がサイズダウンにつながる

むくみ=水分過多ではあるが・・・

特に女性の中には、慢性的な「むくみ」に苦しめられている人もいるのではないでしょうか?

むくみは、体に余分な水分が溜まっている状態です。そのため、「水分をとらなければ、むくみは解消される」という、間違った認識をしている人も多いです。

たしかに、むくみの原因は水分なのですが、だからといって水分の摂取を控えてしまうと「代謝が悪くなる」という状態が続きます。

そうなると、溜め込んだ水分の排出も行われなくなり、余計にむくみを悪化させる原因となってしまいます。

カリウムでむくみ解消+サイズダウン

むくみの解消には、水分を貯め込む性質をもった塩分を排出できるカリウムの摂取が有効です。これによって水分の代謝が良くなり、体に余分な水分が貯め込まれることがなくなります。

慢性的にむくみに苦しめられている人は、むくみの解消によって体のサイズダウンも期待できます。

水分を貯め込むということは、それだけ「膨れ上がる」ということになります。その原因である余分な水分を排出するためのカリウムを摂取することで、結果的にサイズダウンに繋げることができます。

ダイエットのために青汁を飲むのであれば、こういった見た目に分かりやすい効果は嬉しいものです。

このページの先頭へ