ケールの栄養と効果

主な栄養成分

ケールの栄養は主に以下のようになっています。

  • ビタミンA、E、K、B1、B2、B6、C
  • ナイアシン
  • 葉酸
  • パントテン酸
  • ビオチン
  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • モリブデン
  • 食物繊維
  • ルテイン
  • メラトニン

ケールの効果

目の健康を維持する

ケールに含まれる「ルテイン」は、主に目の網膜の中央にある黄斑部に存在し、紫外線などから目を守る役割を果たします。

また、ケールに含まれる「ビタミンA(βカロテン)」は、網膜で受けた光を信号に変えて脳に伝える、つまり私たちが「見る」ために必要な「ロドプシン」の再合成を促す働きがあり、眼精疲労に効果的です。

ケールを摂取することで、目へのダメージと疲れを解消することができるのです。

骨を丈夫にする

ケールには同じアブラナ科のキャベツに比べて5倍ものカルシウムが含まれています。カルシウムは言わずと知れた「骨や歯を丈夫にする栄養」です。

特に骨粗鬆症などを気にしている人には摂取したい栄養です。

ストレスの緩和

ケールには豊富なビタミンCとカルシウムが含まれています。

ビタミンCは、ストレるを感じた際に消費され、不足するとストレスに弱くなってしまいます。

また、カルシウムは精神を安定させる働きがあり、ストレスを感じにくくします。

特にダイエット中はいつもどおりに食べることができないという苛立ちを覚えることもあり、ダイエットの継続を困難にする可能性が高いです。これらの栄養でストレスを溜め込まないようにできます。

美肌効果

ケールには豊富なビタミン類が含まれています。その含有量は「緑黄色野菜の王様」と言われる程であり、種類も各含有量も豊富です。

ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化物質は、体内の活性酸素を除去する働きがあります。活性酸素は正常な細胞を酸化させ、それが老化につながります。肌の場合、それがシミやしわ、肌荒れにつながってしまいます。

ケールに含まれる豊富なビタミンによって、肌の健康を守ることができます。

便秘の改善

ケールには豊富な食物繊維が含まれています。食物繊維は高い便秘改善機能があることは、今では有名です。

便通が良くなることは、栄養の吸収が良くなり、代謝の活性化にもつながります。これらはダイエットにおいても重要な意味を持ちます。

睡眠を促す

ケールには「メラトニン」というホルモンが含まれています。この成分は快適な睡眠に導く働きがあり、不眠症の改善にも効果的です。

ケールとは?

ケールはアブラナ科の野菜の一種で、キャベツの仲間です。しかし、キャベツと異なり球体にならず、葉は開いた状態で育ちます。1年中栽培が可能で、収穫量の多さと栄養の豊富さで青汁の原料として用いられることが多いです。

豊富な栄養のうち、特にビタミンの含有量は緑黄色野菜の中でも随一です。ゆえに「緑黄色野菜の王様」とも呼ばれています。

このページの先頭へ